一過性の口臭

MENU

タバコやコーヒー、アルコールなどの口臭

タバコやコーヒー、アルコール、焼き肉などのニンニク臭など、臭いの強いものを食べた後には、一時的に強い口臭を発します。

 

しかし、これらは一時的な口臭ですので、その原因となるものを摂取しなければ改善するとができます。

 

ニンニクなどは、人と近くで接する場合は、避けておくほうがよいでしょう。自分は気がつかなくても、周りの方々にはかなり臭いと感じさせてしまいます。

 

しかし、どうしても付き合いで、食べたり飲んだりしなければならない場面もでてきます、
私自身もそんな場面があります。その時は、それなりの改善策を施します。
ニンニク臭は、食後に牛乳やリンゴジュースを飲んでおくと、少し緩和することができますので私も利用しています。

 

食後やアルコールを飲んだ後、タバコを吸った後には必ず、歯磨きをすることです。

 

口臭を改善することで、大切なことは、常日頃より歯磨きをきちんと行う習慣をおくことです。
食後は、必ず磨くようにしてください。そして歯間ブラシ、フロスなども用いるとなお良いでしょう。

 

歯を磨く際には、よい歯磨き粉を使うことです。特に口臭予防に効果があるのが、「なた豆」成分を含んでいる歯磨き粉です。

 

なた豆の有効成分には、歯周病に効果があるといわれている「カナバニン」や免疫力を高める働きがある「コンカナバリンA」が含まれています。

 

ピリッとしたりスースーする、合成界面活性剤も使用されていませんので身体にも安心で安全といえます。

 

一過性の口臭を治すための方法

 

一過性の口臭を治す方法について詳しく知りたい方は、こちらも参考にしてください!

<<カナバニンの効果・なたまめ歯磨き>>の説明&詳細情報はこちら